FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > 高知白バイ事件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://honnorikokonori.blog11.fc2.com/tb.php/149-709bbcbb
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Noriko's Photography

Home > スポンサー広告 > 高知白バイ事件

Home > 日記 > 高知白バイ事件

高知白バイ事件

今日はスタジオで、
高知白バイ事件に関するインタビューが行われました。


<高知白バイ事件とは>
高知県の国道で、高知県警の白バイとスクールバスが衝突し、白バイ隊員が亡くなった。スクールバスの運転手は免許を取り消され、業務上過失致死罪で禁固1年4ヶ月の判決が下された。しかし、この事故は停車中のバスに白バイが高速で衝突した「自損事故」の疑いが強い。



第一部は、事故直後の様子から、始まります。
どのような証拠が検察から提出され、例えば一枚の、バスの前方に白バイが倒れている事故直後の写真からの不審点、白バイの位置、スリップ痕といわれる急ブレーキの後が実際にはあり得ない理由、本の散らかりようの分析、また、片岡さんが行政処分の異議申し立てで争うべきだったというあまりに日本人が陥りやすい経験、その後の裁判の様子、また、禁固1年4ヶ月を体験された時何を思い、どう決意し、どう生きたのか。
現在の生活の様子、家族の痛み。。。


その当事者のお話を、こうやってきくことなど、この取材が無ければ無かったかもしれません。
片岡さんの淡々とした語り口は、この方のあり方がみえるような気がします。
この方は、きっと真実に対して、誠心誠意であったろうに。
このような苦しみが一日でも早く、晴れるような結果が出る事を心から応援したいです。

第二部は、理論編と称して、日本の司法が今どんな状態にあるのか、元判事の生田先生が解説なさっています。
世界と比べてみたときの日本の様子、例えばドイツ、アイスランド、アメリカ、と比べたとき、行政の訴訟がとても日本は少ない。その理由なども述べられています。
長時間のインタビューですが、是非多くの人に見て欲しい内容です。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://honnorikokonori.blog11.fc2.com/tb.php/149-709bbcbb
Listed below are links to weblogs that reference
高知白バイ事件 from Noriko's Photography

Home > 日記 > 高知白バイ事件

Search
Meta
Links

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。