Home > スポンサー広告 > アニエスの浜辺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://honnorikokonori.blog11.fc2.com/tb.php/160-b2b7b97e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Noriko's Photography

Home > スポンサー広告 > アニエスの浜辺

Home > メモ > アニエスの浜辺

アニエスの浜辺

DVDですけれど、
友達が、のりちゃん絶対好きだよーっておすすめしてくれた「アニエスヴェルダの浜辺」を観ました。
81歳になるアニエスの自伝的映画。




浜辺におかれた沢山の鏡をスタッフとセットしたりしているシーンから何気なく映画が始まります。
浜辺におかれた鏡は、当然のように、明るく広い海や、砂浜や、空を切り取り、海のかけらのように
映像に面白い効果を与えています。そして、アニエスが「私の大切な風景はこの浜辺です。・・・」とかたり始めます。
アニエス自身が、「浜辺」の役者みたい。

例えば、聖書のお話を思い出す場面では、
アニエスは大きなくじらのお腹の部屋で横になっていたり。
例えば、美術館での展示では、自らじゃがいもになって、じゃがいもの種類をつぶやきながら会場にいたり、
失敗した映画から、イマジネーション掴んでみたり、
魔法使いのように現実から、記憶や体験のエネルギーを、
時には、絵画や映画作品と科学反応させつつ
作品に変えることが出来る人だなあ、と憧れてしまいました。

こんな風に、自分や自分をとりまく世界を、少し遠くから演出出来る、想像力が大好き。
でも何より、周りにある人達をみる「視線」がとっても良かった。
それにこういう作品から刺激を受けると、さらに色々な人に伝えたくなってしまいますね。
それでブログに書いてみました。
きっとエネルギーって伝搬するんだ。

他の作品もみたくなりました。






スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://honnorikokonori.blog11.fc2.com/tb.php/160-b2b7b97e
Listed below are links to weblogs that reference
アニエスの浜辺 from Noriko's Photography

Home > メモ > アニエスの浜辺

Search
Meta
Links

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。