Home > スポンサー広告 > 春の夕日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

kalimantan2010 URL 2011-04-11 (月) 20:38

 相変わらず「人口地震」だとか「反原発デモは朝鮮人テロリストが仕組んでいる」とか
言っているblogもあり、あなたも「読んでみます」とかツイートしているのが心配。
 法学部政治学科卒の私が断言します。

「陰謀論は『矛盾する様々な本当のことがせめぎあうのが現実』であることに堪えられない
連中の楽園である」

 お気をつけあそばせ。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://honnorikokonori.blog11.fc2.com/tb.php/173-666ae6de
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Noriko's Photography

Home > スポンサー広告 > 春の夕日

Home > 未分類 > 春の夕日

春の夕日

長崎生まれの私としては、
放射能の危険は子供の頃から二度と侵してはならない人間の過ちとして
教育されてきたし、実際に町を歩く被爆者の姿をみたり、祖父も被爆者であったりするような
ものですから、一人の声というよりは
記憶の中に、何人も伝えて下さった方の声が残っているような気がして、
どこかに、核の問題が心にひっかかっていました。

それでもまさか、その日本人自らのせいで放射性物質をばらまき(つまり原発を作ったという事でもあり、400年に一度は起こるという予測されていたはずの津波のことを甘くみていた、という設計のことですが)

そのせいで、20km、30km圏内に暮らす人達は避難を強いられ、
100km圏内もしくは日本中、世界中が毎日のように、東電の会見をみながら放射能のことを
怖がらなくてはならず、
各地の放射線量は一体何μSvなのか、それは人体に影響はないのか、
今日はどんな様子なのか情報を集め、予断を許さない事態になっています。

「愚かな。。」と原発を作ってしまった人の責任を問うたり、これからのエネルギー問題を考えていくのには、多くの仲間や時間が必要になってくると思いますが、
どうして被爆国であり、放射能の恐ろしさを知る人達が、
歴史の反省点を踏まえられず原発を作ったのか、
例えば、この映像でその一つの理由を知ることが出来ました。
それは、簡単にいうと、原発推進キャンペーン、心理作戦の成功、というのです。
く歴史がわかるNHKのドキュメント>

情報を読み解く力をリテラシーといいますが、
今の日本の小、中、高校ではこのリテラシーを延ばす教育はほとんどされてません。
私はこれから、この国に必要なのは(。。と大きく書いてみる。。)一つはこのリテラシーの能力を上げていくことだと思います。するどく問題提起をする親や先生や有名人をみて育てば自然にそのような能力はついてくるし、
何より自分で考える事が出来るということは、最大の可能性を秘めてることになるから。逆はいうに及ばず。

この大きな転換点3.11で、大地を覆す転換を目の当たりにして
自分の人生の選択肢を振り返った人、または、これからの選択について考えた人は多いのではないか、と思います。私もそうでした。
何を選ぶのか、何が出来るのか。何が残せるのか。
欲張りとしては、それはいかにもすぐに出来ることばかりではありませんが、

例えば作品作り、例えば日々の仕事、例えば、今日の舞台にしても

「思考に気をつけなさいそれはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさいそれはいつか行動になるから。行動に気をつけなさいそれはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさいそれはいつか性格になるから。性格に気をつけなさいそれはいつか運命になるから。」

というマザー・テレサの言葉通りではあると思うし、出会う対象は相変わらず沢山あり、発見するのは自分次第なのだと思います。

仕事の帰り。
二子玉川の夕方。
P3266013-01.jpg

三茶の夕方。美しい色でした。この夕暮れの色は何というのでしょうか。茜色?燃える色?
心に残る色でした。
P3296078-01.jpg
スポンサーサイト

Comments:1

kalimantan2010 URL 2011-04-11 (月) 20:38

 相変わらず「人口地震」だとか「反原発デモは朝鮮人テロリストが仕組んでいる」とか
言っているblogもあり、あなたも「読んでみます」とかツイートしているのが心配。
 法学部政治学科卒の私が断言します。

「陰謀論は『矛盾する様々な本当のことがせめぎあうのが現実』であることに堪えられない
連中の楽園である」

 お気をつけあそばせ。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://honnorikokonori.blog11.fc2.com/tb.php/173-666ae6de
Listed below are links to weblogs that reference
春の夕日 from Noriko's Photography

Home > 未分類 > 春の夕日

Search
Meta
Links

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。